相続はしたものの活用できないままの土地や、住む人がいなくなって老朽化してしまった建物など。空き家問題にも繋がりかねない、これらのことを解決させるため必要なのは土地の活用です。

ここでは、多数の成功事例の中から5つの土地活用方法と、土地活用比較ができるお勧めのサービスをご紹介します。土地活用の方法が分からず困っている方は、ぜひ以下をご覧ください。

土地の活用方法5つ

土地の活用方法は1つではありません。実際に土地活用をする前に、まずはどういった土地の活用方法があるのかを知りましょう。短期的に収益を得るのか、長期的に収益を得るのか。方法によって収益性は異なります。自分に合った最適な活用方法を見極めましょう。

1.賃貸経営

安定収入の見込みがある方法として1番に挙げられ、かつ最も人気がある方法が、アパートやマンションなどの賃貸経営です。アパートなどの賃貸建物を建てることで、その土地にかかる固定資産税などの税が軽減されるというメリットもあります。ですが、賃貸経営をするならある程度の知識は必要不可欠です。

また、土地があるということで不動産業者から運用に関する話を持ちかけられることも少なくありません。知識のないまま自己判断で土地活用をしたり、業者から言われるがままに話を進めてしまうと思いがけない不利益が発生してしまうこともあります。こうした場合は、専門家による土地活用プランの提案を受けるのがお勧めです。

一口に賃貸経営と言っても、その方法はさまざまなものがあり、それぞれメリットとデメリットは異なります。

例えばアパート経営。建築費用に自己資金をあて、負担をできるだけ少なく抑えながら安定した収益を図ることができます。

また、大規模マンションを経営することで大きな収益を上げることも可能です。こちらは自己資金ではなく、銀行から融資を受けてマンション建設の資金にするため、多少のリスクがあります。

少し変わった方法として挙げられるのは賃貸併用住宅を建てること。自分も同じ家に住みながら、階下を賃貸用の部屋として運用することで住宅ローン対策にもなります。

賃貸経営の方法はさまざまで土地により経営の向き不向きもあるので、まずは専門家に相談をしてみましょう。土地活用サイトに資料請求をすれば、多くのプランを受けることもできます。

2.駐車場経営

駐車場を経営するのも土地活用としてはポピュラーな方法です。

アパートやマンションなどの賃貸経営に比べると、土地の広さをそれほど必要とはしません。広い土地でなくても活用しやすいこともあり、駐車場経営はどのような人であっても始めやすい方法だとも言えるでしょう。賃貸経営に比べると固定資産税の軽減は大きくありませんが、活用をしないまま更地にしておくよりは、税金面で多少の優遇を受けられ収入につながるというメリットがあります。

土地を駐車場として活用する方法は人気があり、それを得意とする専門家も多いです。専門家に相談すれば、駐車場開設以降の運営に関する的確なアドバイスを受けることもできるので、より多くの収入を目指すこともできます。土地活用の中でも比較的リスクの低い駐車場経営ですが、やるのであれば最大限に活用するのが賢いやり方です。

土地活用サイトなどを利用して、なるべく多くの専門家からプランを提案してもらい、その中から信頼できる専門家を探しましょう。

3.介護施設経営

介護施設の経営は、都市部だけでなく地方の土地活用方法としても人気があります。高齢者施設という特性上、閑静な地域が好まれる傾向にあるのがその理由です。

超高齢化社会を迎えようとしている今、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅といった介護施設への土地活用は、大きな市場が期待できる分野だと言えるでしょう。専門家を交えての土地活用を考えるのであれば、選択肢としては外すことはできません。

増え続ける高齢者に介護施設は追いついておらず、サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設は大きな需要が見込めます。国が推進している事業であることから補助金制度も設けられており、自己負担を抑えることも可能です。

補助金制度を受けるためには、正式な登録手続きなどが必要となるので、介護施設としての活用を考えるなら必ず専門家へ相談しましょう。より多くの提案を受けることで、リスクを抑えることにもつながります。

4.太陽光発電投資

土地に太陽光発電パネルを設置して、発電した電気を売買して収益を得る方法です。賃貸経営や駐車場経営のよう人の動きが活発でない地域でも収益が見込め、管理が比較的用意ということもあり、主に田舎などの広い土地で人気があります。

2012年以降、電力を売却する価格は値下がり傾向にありますが、パネル設置コストの低下と発電性能の向上もあり大きな損失になりづらいのがメリットです。固定価格買取制度という経済産業省による制度があるので、これを利用すれば発電所設置の際の売電価格が20年間維持されます。

日照時間など、太陽光発電に適した土地かどうかを判断する必要があるので、自己判断で始めるよりも専門家へ相談してみることをお勧めします。

趣味に活用

これまでにご紹介した土地活用とは一風異なる方法として、土地を趣味としての利用があります。

有機野菜専用の農園にしたり、副業として養蜂場を作ったりといった例もあり、活用方法はさまざまです。これらの例は収益に重きを置いた方法ではありませんが、自分の土地だということを活かして、自由な趣味の空間として最大限に活用するのは大きな贅沢だと言えるでしょう。賃貸経営などの運用とは異なるので、管理やメンテナンスなどの負担が少なく、リスクが少ないというメリットもあります。

資料請求できるオススメ土地活用比較サイト

土地をうまく活用したいけど、土地活用の相談ができる人が身近に居なくて困っているという方は、専門家へ相談してみることをお勧めします。業者へ出向かなくても利用ができるネットの土地活用比較サイトであれば、資料請求をすることで専門家によるプランから提案が得られます。資料請求は無料です。土地の活用に関する知識を得るきっかけにもなるので、まずは気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

スマイスター

スマイスターは資料請求や問い合わせ数がトップの人気サイトです。対応してくれる企業は全国に150社以上あるので、どの地域の土地活用でも安心して相談ができます。

アパートなどの賃貸経営を始め、駐車場経営や高齢者向け介護施設など、土地活用に関するあらゆる問題に対して丁寧なサポートが得られます。自分の希望する活用方法のノウハウはもちろんのこと、活用方法自体が全く分からないという人にも専門家による相談としての利用をお勧めしたい優良サイトです。

土地活用をするなら、まずはこちらで無料の資料請求をしておけば間違いはありません。

タウンライフ

スマイスターに次いで問い合わせ数が多いのはタウンライフです。

土地が狭くて活用が難しそう、立地が悪いから活用のしようが無いのではないか。土地の活用に関する幅広い相談に的確な回答が得られます。登録している企業はサイトによって違いがあるので、1つのサイトではなく複数のサイトを使い分けて資料請求をしてみましょう。土地活用は方法によっては多額の資金も必要になります。土地活用のリスクを下げるためにも、より多くの選択肢から自分に合ったものを見付けてください。

◯多くの提案から選べるという安心感◯

両親から相続した土地を相続したけれど、素人考えで何かをすることに不安があり、結局はそのまま土地を放置してしまっていました。
なんとかしようとは思いながらも、生活や仕事もありどうしても後手後手の状態になってしまっていたとき、ネットで無料の資料請求ができるということを知りました。
使ってみるまではネットの入力すら面倒だと思っていたのですが、実際にやってみると入力はものの数分で完了。
資料請求をしたのはスマイスターとタウンライフで、どちらからも沢山の提案をいただくことができました。
提案を多くいただけた上に懇切丁寧な説明もあったので、自分でもできそうだという自信もつきました。
相続した土地にはアパートを建て、賃貸経営をしています。
軌道に乗ったこともあり、それまでやっていた自営業を人に任せアパート経営だけで生活できるまでになりました。
今の生活があるのも土地活用サイトのおかげです。

ランドピア

ランドピアは、先にご紹介した土地活用サイトとは少し趣が異なります。こちらは、土地をどう活用すれば良いか分からない方向けではなく、土地をより有効活用して収益を出したいという方にお勧めできる土地活用事業社です。

土地の規模や立地に合わせた最適なプランはもちろん、たとえ狭小地や変形地といった活用が難しい土地であっても、さまざまな土地活用プランを得ることができます。少しでも土地活用の選択肢を増やしたい方は、上位土地活用サイトの問い合わせに加えて、ランドピアへ相談することも考えてみてはいかがでしょうか。

土地活用はノーリスクではない

土地活用は投資なので、残念ながら必ず成功するという保証はありません。土地を活かすためには、土地の規模や立地などが大きく関わってきます。少しでもリスクを減らすために、専門知識を持ったプロの意見をしっかりと参考にして、最適な土地活用方法を見極めましょう。

◯プロの意見は参考にするべき

土地活用サイトで資料請求をしたところ、立地などの条件から判断してマンション経営が最適だと提案されました。
ただ、マンション経営をするためには借金をして建築費用を出さなければいけないとのこと。
マンションの需要や借金返済までのプランなどを丁寧に説明されたものの、やはり借金ということに抵抗がありました。
周囲の状況から駐車場経営には向いていない土地だと止められたのですが、結局は初期投資額の少ない駐車場経営へ。

指摘されたとおり駐車場経営は成り立たず、駐車スペースはほとんどが空いている状態。
維持費のせいで毎月赤字続きです。
初期投資額という目先のお金ばかりを気にしてしまって、長期的なことが見えていませんでした。
あのときの提案を受け入れていればと、後悔ばかりしています。

土地活用をするには専門知識が必須!

土地活用にはさまざまな方法についてご紹介しました。経営だけでも、賃貸や駐車場や高齢者向け住宅など多岐に渡り、コンテナルーム事業などの紹介しきれなかった方法もまだまだあります。

いずれも共通しているのは、土地を本当に有効活用をするためには専門知識が欠かせないということ。土地の規模、形、立地のそれぞれを武器にして活用することで大きな収益を実現することができます。これらの条件を素人が客観的に判断するのは難しいので、まずは専門家へ相談するのがお勧めです。

土地活用サイトを使えば、無料で多数の不動産業者から資料請求をすることができます。土地をより有効活用するためにも、なるべく多くの提案を比較検討しましょう。

の記事一覧
水際作戦 生活保護
生活保護費 支給日
生活保護費 総額
生活保護費 計算