外壁などのリフォームをしようとネット検索をすると、かなりの数の業者が表示されますよね。

工事をするにあたって必須なのは、費用を知るための見積もりです。とは言え、これら業者の一件一件に見積もりの依頼をするのは、手間も時間も思った以上にかかってしまいます。

業者に見積もり依頼をして、予算オーバーなら別の業者へ見積もり依頼をして、また同じ説明の繰り返し・・・。かなり非効率であることは否めません。

ですが今は、そうした施工サービスの一括見積ができるサイトもある、とても便利な時代。

便利なサービスを有効活用して、

より安く、
より理想の形で
家のリフォームを行いましょう。

この記事では、家の塗装やリフォームに関するさまざまな情報を分かりやすく解説しています。

なによりも優先したいのは?

リフォームの概算金額が知りたい方から、すぐにでも工事の発注をしたい方まで、希望は人によってさまざまです。

すぐに工事を頼みたい方、まずは相場を確認したい方。

希望によって、知りたい情報は変わります。

この記事では、概算金額を知る方法や、外壁・屋根など外回りの塗装、外壁塗装をする意味など。外回りリフォーム全般に関する気になることについて、詳しく解説しています。

工事にどれくらい費用がかかるのか知りたい!

工事をするまえに、まずはどれくらいの金額が必要なのか知りたい

そうした方にオススメのサービスがあります。

『見積り金額は750,000円~850,000円』

といったように、事前に金額が分かると安心ですよね。

ご紹介するサービスは地域や希望する工事など5項目を入力するだけで、おおよその

見積もり費用が示される手軽さが人気

です。

これなら業者へ見積もりの連絡をしなくても金額が分かるので、あらかじめ予算を確保して外壁塗装に望めます。

もちろん見積もりが出たからと、すぐに工事を急かされることもありません。

まずはしっかりと予算を立ててから塗装工事へ臨みましょう。

簡単入力で見積もりができるサービスを、ぜひ一度お試しください。

概算金額を確認できる便利さ

ある日、家の外壁を何気なく見てみると、いつの間にかヒビが入っていました。生活費や子育てで出費はかさんでいる、とは言っても、直さない訳にはいきません。

でも、塗装工事なんてやってもらったことがないから、見積もりをしてもらっても適正価格なのかが分かりません。そんなときに知ったのが、こちらのサービスでした。

自分の希望している工事や地域などを入力するだけで、複数の業者の見積価格を簡単に比較することができるのでとても便利です。工事費用の目安をあらかじめチェックできるのは安心感がありますね。

実際に工事をするために費用を確保しておけるので、トラブルに気付いたらまずは概算金額を調べておくのがオススメです。

より安くより早く外壁や屋根の塗装工事をしたい!

とにかくすぐに、できるだけ安く工事を始めたい!

そう考えている方のために、より安く工事をするための方法を3つお伝えします。

1知り合いが経営している業者へ依頼する

1つ目の方法は、知り合いが経営している業者へ塗装工事を依頼すること。

基本の方法ではありますが、日頃から付き合いがある人であれば、高額な費用を請求されることなく安価で工事を引き受けてくれる可能性が高くなります。知り合いということで、信頼できる業者なのかそうでない業者だということも判断しやすいのではないでしょうか。

ですがこの場合でも、そもそもの工事費用が適正価格はいくらなのか知らなければ、示された金額が高いのか安いのか判断できません。たとえ知り合いに依頼するのであっても、

適正価格を知った上で依頼をすることが何よりも重要です。

目的は「自分の希望する工事を、より安くより早く施工してもらうこと」のはず。金額を交渉する際の目安にもなるので、まずは自分自身が適正な価格を知っておくことが大切だと言えます。あとから適正価格を知って後悔しないようにしましょう。

ネットには必要な項目に入力するだけで概算価格が紹介できるサービスもあるので、こうしたものを有効活用してみることもオススメです。

依頼前に相場を知ることの大切さ

家の壁の塗装が取れだしたのか、触ると粉っぽいものが付いてしまうようになりました。そこで、家を建ててくれたときにお世話になった施工業者へ修繕費用の見積もりをお願いすることに。

示された見積価格は150万でしたが、信頼している業者ということもあり、それに対して特に疑問を持つことはありませんでした。ですが、示されたままの金額で施工をお願いしようとしたところ、「他の業者から見積もりは取ったのか」と、息子から止められてしまいました。

なるほどと納得はしたものの、業者の探し方が分かりません。どうしようかと悩んでいたときに息子から教えられたのが『ヌリカエ』というサービスでした。

試しに費用を見積もってみたところ、150万円と言われた施工費用が110万円と、実に40万円もの違いがありました。ここを使わなければ、40万円も高い金額で施工を頼む羽目になっていたところです。

付き合いだけで業者を選んでしまってはいけないですね。あやうく損をしてしまうところでした。

2複数の業者に見積もってもらう

2つ目の方法は、複数の工務店や施工業者に連絡をして見積もり依頼をすることです。

複数の業者に見積もってもらうことで金額の比較や交渉もできるため、安くなる方法としては確実なものだと言えるでしょう。

ただ、この方法にはかなりの手間がかかるというデメリットがあります。

メールや電話で業者ごとに連絡をして、それぞれに同じ説明をして金額を見積もってもらう。更に、金額に折り合いが付かなければ断る必要もありますし、口の上手い担当者につい乗せられてしまい、あまり安くない業者を選んでしまうということも。

複数の業者へ見積もってもらうのは最もポピュラーですが、時間も手間もかかってしまう方法だとも言えます。

3オンライン見積もりサービスを利用する

3つ目の方法は、ネット上の業者見積りサービスを利用すること。

これは自分で業者ごとに見積もり依頼をすることなく、必要項目さえ入力すれば代行で複数業者へ見積もり依頼ができる便利なシステムです。

無料で利用でき、
手間も時間もかからない

ということもあって人気が急上昇中の話題のサービスです。

手間も時間もかからないというのはもちろんですが、その他にも大きなメリットがあります。それは「見積もりを受けた業者は、同業他社にも見積もりが行われていることが分かる」ということ。自社で工事を引き受けるために、できる限り価格を抑えようと努力されるため、

より格安での概算価格が期待

できます。

また、優良な業者を見積もりサービスサイトがプロの目で選定してくれるため、自分でどこが信頼できるのかを調べる必要もありません。

  • 手間いらず
  • 格安の見積価格が期待できる
  • 安心の業者をプロが選んでくれる

これら3つのメリットがあるというのも、オンライン見積もりサービスの特徴です。

オススメできる見積もりサービスは以下をご覧ください。

 💡 営業電話がない

「一度見積もりで利用したら、それ以降また営業電話がかかってくるのでは……」『ヌリカエ』はそんな心配をすることなく利用できる安心のサービスです。行ってくれるのはあくまでも「交渉代行」なので、断りづらくて困るような強引な営業電話は一切ありません

💡 概算金額をその場で確認

折返しの連絡を待つことなく、必要項目を入力すればすぐに概算金額が表示されます。外壁塗装だけでなく、その他の塗装や雨漏りなど。さまざまな施工に関してすぐに料金が示されるのは嬉しいポイントだと言えるでしょう。

ヌリカエは、なによりも先に

「概算金額を知りたい、確認しておきたい」方にオススメ

の見積もりサービスです。

💡 交渉はコンシェルジュが代行

リショップナビは、利用者の希望をコンシェルジュが代行して伝えてくれるのが大きな特徴です。プロのコンシェルジュが利用者目線の交渉を進めてくれるため、スムーズに金額などを比較検討することができます。

💡 リフォーム保証付きだから安心感がある

リショップナビには、万が一のトラブルが起きてしまった場合に備えた「安心リフォーム制度」という保証が用意されています。これは、工事が完了してから1年以内にトラブルが起きたときの損害補償制度です。審査を通過した優良業者のみが登録されていますが、いざというときの保証があることで、より安心して工事を発注することができます。

リショップナビは、

「今すぐにより安心感をもって工事を発注したい」方にオススメ

の見積もりサービスです。

更に安さを実感するポイント!

『ヌリカエ』『リショップナビ』では、登録している業者が異なります。

片方ではなく両方のサービスを利用すれば、更に多くの業者の見積もりを知ることができるので、とことん安さを追求するなら両方を使ってみるのがオススメです。

相場を知らないことで起きてしまうトラブル

商品やサービスに関する苦情や問い合わせを受け付けている国民消費者センターでは「家の工事に関する悩み」も多く寄せられているということをご存知でしょうか。

その件数は、実に年間で約4,700件

2016年によせられた相談4700件のうち、半数以上は工事金額に関する苦情です。これはいかに、利用者と業者の間で打ち合わせが行われていなかったかの現れだとも言えるでしょう。

こうしたトラブルを避けるためにも、まずは自分自身が適正価格を知り、より多くの見積もりを得ておくことは重要です。

ヌリカエ』『リショップナビ』といった見積もりサービスは、利用者がより簡単に分かりやすく適正なものを比較検討するために運営されています。

入力項目は「建物の種類」「延べ面積」「希望工事内容」の3項目のみ

選択式の項目に入力するだけで、複数業者の見積もり内容をすぐに調べることができます。

工事依頼をする前に、あらかじめ相場を調べられる上に、直接業者に連絡をする必要もないという気軽さがポイントです。

相談件数が増えた原因とは

どうして業者とのトラブルが増えているのか、その原因について解説します。

一例として、主婦の方の多くはスーパーへ行って食品などを見れば、高いか安いか判断することができますよね。これは他のスーパーなどへ行って、同じ食品の値段を日常的に比較しているから。

ですが外壁塗装といった工事は日常的に利用することではありません。比較検討もできず、相場や適正価格は分からないというのが一般的です。そのため、予備知識のないまま工事をしてしまい高額請求をされ、慌てて国民消費者センターへ相談することに。

質の悪い業者に引っ掛からないように、外壁塗装などのリフォームにおける相場を調べるための手段を知っておきましょう。

自宅の外壁はこまめにチェック

自宅の外壁を注意して見てみたことはありますか?

  • 10年以上、塗りかえずそのまま
  • 瓦にヒビがある
  • コーキングが剥がれている
  • 外壁にヒビが入っている

こうした劣化は、そのままにしておくと状況はどんどん悪化していきます。酷くなると、いきなり壁が剥がれ落ちてしまうというトラブルも

そうなる前に、早めに業者へ連絡して適切な対応を受けておきましょう。

  • 塗装工事をしたいけど信頼できる業者が分からない
  • 工事をする前に価格を知りたい
  • 雨漏りなども見てもらいたい

このようなさまざまな悩みがあるなら、まずはヌリカエに相談してみるのがオススメです。

外壁の役割とは

家などの建物における外壁の役割をご存知でしょうか。

主な役割は、屋根と同じく家を風雨から守ること。風雨にさらされたり災害によって劣化しやすいため、モルタル塗装などを施すことで耐久性を上げ、家への影響を防ぎます。建物全般の中でも、特に木造住宅にとって重要です。

外壁塗装に使用される素材は、見た目はもちろん目的によってさまざまなものが使われます。また、同じ素材であっても、外壁には「外部からの騒音の社案」「断熱」といった、屋根以上の性能を求められるため、施工には技術が必要です。

新築工事の際に使われる外壁塗装では見た目が重要視される傾向にあるので、模様をつけるために吹き付けるタイプの塗料が使用されます。ですが、風雨にさらされるといった影響や経年劣化により塗料は徐々に劣化していくため、定期的なメンテナンスは必須です。そのままにしておくと、見た目はもちろんのこと雨漏りなどの直接的な悪影響も及ぼします

外壁塗装を行う目安は10年に一度

この期間を目安に改めて塗装のメンテナンスを行うことで、より長く家を長持ちさせることが可能です。思い入れのある家に長く住み続けるためには、定期的な外壁塗装は必須と言えます。

10年経ったら、すぐにでも塗装工事をしなければならないという訳ではありません。ですが、目安となる時期が分かっていれば、それに合わせて予算を確保しておくこともできます。概算金額がすぐに調べられる見積もりサービスを利用して、金額をあらかじめ調べておくのもオススメです。

近年建てられる新築は、これまで建てられていたタイプの住宅とは外観や構造が異なり、塗装技術も向上しています。アクリル系やシリコン糸などの基本的な素材や、光触媒を使用したりナノテクノロジーを応用したナノテク塗料など。塗装技術や塗料にも著しい進化が見られます。

当然のことながら素材によって値段に違いがありますが、最新の塗料は防水性・耐久性に優れているため、コストパフォーマンスはより高くなると言えるでしょう。

外壁は家の印象を決定づける鍵

キッチンなど内装のリフォームはあくまでも家の中のリフォームなので、外観に大きな変化はありません。ですが、外装塗装は家の外のリフォームなので、塗料の素材や色だけでなく塗り方一つで外観の印象が大きく変わります。

外壁塗装は家の外観の印象を決定づける重要な項目です。どれだけ立派な家でも、塗料が劣化して剥げてきてしまっていると貧相な印象を与えてしまいます。

新たに塗装工事をするときも、塗料の色や素材をしっかりと比較検討してから実際の施工へ進めましょう。塗料によって、センスを感じさせたり高級感の演出ができます。

塗装工事が終わってから「イメージと違った」と後悔しないためにも、外壁塗装をすると決めたら焦らずじっくりと業者と打ち合わせを行いましょう。自分の希望やイメージをしっかりと伝えることで、仕上がりがより理想へ近づきます。

業者を選ぶときは、1社だけでなく複数業者へ見積もってもらうのがオススメです。値段はもちろんですが、自分の希望する内容をプランに反映してくれる業者を選びましょう。

どの業者なら、自分の希望する内容を納得できる金額で施工してくれるのか。入念に比較検討するのはとても大切です。

外壁塗装のタイミングはいつ?

そもそも、外壁塗装をするタイミングというのはいつなのでしょうか。

塗装の耐久年数は、塗料の種類や塗り方によって誤差があります。先程目安となる時期は10年毎とお伝えしましたが、塗料の種類によってはそれよりも短くなることもあるということです。

見た目として分かりやすいのが「ひび割れ」と「剥がれ」。定期的にこれらの症状が出ていないかチェックしておきましょう。

災害や地盤沈下によってひび割れができてしまうことも多くあります。ひび割れがあると見た目が悪くなりますが、なによりも心配なのが安全性です。外壁がひび割れているのを見付けたら、早めに業者に見てもらうことをオススメします。

外壁のひび割れは、外壁塗装をする時期が近づいているという分かりやすいサインです。

また、外壁の剥がれてきたときも、塗装をするタイミングだと言えます。塗装が剥がれる原因は、排気ガスや大気中の物質などさまざま。紫外線や風雨などの気候や立地条件でも左右されるため、耐用年数よりも早く外壁塗装が剥がれてしまうこともあります。

外壁が剥がれていると、例え新築であっても古い家だという印象を与えてしまいます。また、塗料は外壁を守る役割も持っているので、それが剥がれてしまうということは外壁の内部がダメージを受けやすい状態になっているということです。家自体の耐久年数にも関わることなので、剥がれが目立ってきたら外壁塗装を考えましょう。

剥がれが原因で外壁塗装を業者へ依頼するときに必ず確認しておきたいことがあります。それは「素材ごとの耐久性」です。

塗り替えて2、3年しか経っていないのに剥がれてきている場合は、業者の施工不良も原因として考えなければいけません。ですが、素材が本来どの程度の耐久性があるのか分からなければ、原因としては不明なまま。あらかじめ、素材の耐久性や、どれを使用すれば耐久性が向上するのかを、業者にしっかりと確認しておきましょう。

契約は必須ではない

ひび割れ、剥がれ。いずれの場合でも、見た目でそれと分かるようになってきたら業者へ連絡して現状を見てもらいましょう。ですが、来てもらったからといって、その業者と契約しなければならないといったことはありません。

ヌリカエ』であれば無理な契約をすることなく現場調査を依頼できるので、まずは気軽に連絡してみてはいかがでしょうか。

塗装工事は時間もかかり、費用も決して安くはありません。劣化の状態によっては早めの対応が必要ではあります。ですが、焦って満足できない仕上がりになって後悔してからは遅いです

現場調査は複数の業者へ依頼することもできるので、複数の業者から見積りをもらって比較検討してみましょう。

悪徳業者に注意!

よくあるのが、悪徳業者によるトラブル。

連絡もせず突然自宅へやって来て「外壁が劣化している」「ヒビが入っている」など、外壁の状態を大げさに言って早急な工事を勧めてくるのが主な手口です。不安を煽る言い方をするためすぐに契約をしたくなってしまうかもしれません。

ですが、すぐにでも工事をしなければならないというのは、ひび割れなどがかなり酷い状態になってからです。

しつこい勧誘があっても、業者は自分で選ぶからと、キッパリと断るようにしましょう。緊急性を必要以上に大げさにアピールする業者は避け、本当に信頼できると思える業者を選ぶことが大切です。

優良業者が多く登録されている『ヌリカエ』を利用して業者選びをしてみてはいかがでしょうか。

外壁塗装工事の流れ

外壁塗装を業者に依頼するときの基本的な流れは以下の通り。

1現場調査

業者に連絡して現場へ来てもらって、外壁の状態を確認してもらいます。

外壁にどのような問題が起きているのかを詳細にチェックしてもらい、自分がどうしたいかもしっかりと伝えましょう。

2見積もり

現場調査の結果を元にして、実際に施工する際のプランを立ててもらいます。

塗装に使う塗料の種類やそれを使う目的などを説明してもらって、納得できるプランを作ってもらうことも大切です。複数のプランがある場合は、それぞれ見積り金額を出してもらうようにしましょう。

3正式契約

業者の示したプランに納得できたら、正式契約に進みます。

工事の進め方や日時を詳細に打ち合わせておきましょう。あらかじめ近所に工事をすることを伝えておくとスムーズです。

4仕上がりの確認

塗装工事が完了したら、業者と一緒に仕上がりの最終確認を行います。

問題がないかどうかしっかりと細部までチェックしましょう。

外壁塗装の役割とは

外壁塗装による効果とはなにかについて解説します。

まず第一は「防水性」です。家は紫外線や風雨などの外気に常にさらされています。塗装をしなければ外壁材の変色や内部のカビ発生へ繋がるため、防水性のある塗料で外側を保護することが必要不可欠です。

カビは一度発生してしまうと、一部だけでなく広範囲に及んでしまうことが少なくありません。衛生面はもちろん見た目の清潔感にも欠けることになります。住宅自体の耐久性にも影響するので、外壁塗装というのは家を長持ちさせる大切な要素です。

もう一つの主な役割は「外観」。外壁にヒビや剥がれがあるだけで、家の印象はガラリと変わります。より長く美しい外観を保つために、外壁の塗装は外せない要素だと言えるでしょう。

外壁のダメージを与える原因とは

家をより長持ちさせたいと思うのは誰にでも共通していることではないでしょうか。ですが、どれだけ丁寧に扱っていても、経年劣化してしまうことは避けられません。これはどのような素材を使っていても必ず起こりうることです。

家は大きな資産です。心地よく過ごせる空間を維持し続けるためには、定期的なメンテナンスは必須だと言えます。自然災害による被害は誰もが想像することですが、それ以外にも外壁を劣化させる原因は数多くあるのです。

地球温暖化や大気汚染により、酸性雨や紫外線の被害は増えているとされています。自然災害と違い外気の影響は常に受け続けているので、メンテナンスをしなければ外壁の劣化は進むばかりです。特に古い住宅の場合、塗装に使われている素材自体が最新のものに比べると、防水性・耐久性ともに劣る傾向がみられます。

外壁塗装を業者へ依頼するときは、外壁が劣化した原因についてもなるべく詳細に確認してみましょう。それに合わせた対策をしっかりと立てることが、家をより長持ちさせることへ繋がります。

塗装に使う色選びのコツ

家の印象にもかかわるので、塗装に使う色選びはしっかりと考える必要があります。防水性や耐久性は必要ですが、見た目も大切な項目です。住んでいる人全員が納得できるような仕上がりになるような色を選びましょう。

色選びのポイントとして、無難かつポピュラーな色はベージュ系。落ち着いた色味かつシンプルなので、周りの家とも馴染みやすい色です。

飽きのこない色で、温かみのある印象を感じさせるのはブラウン系。落ち着きがある雰囲気になるので、年代を問わず使いやすい色です。

外壁にダーク系の暗い色を選ぶとスタイリッシュなイメージになりますが、家全体が暗く見えてしまう可能性もあるので業者にしっかりとイメージを確認しましょう。

もちろん屋根などと比べた時の色合いは重要ですが、外壁は家全体を囲っているので、ここを何色にするかで家の印象が一変します。外壁塗装をする時期がきたら、他の家では外壁にどんな色が使われているのか意識しながら出掛けてみると良いでしょう。

外壁塗装で電気代の節約に!

外壁塗装をする目的として、見た目や耐久性に関することは先程までにお伝えしました。けれど、それ以外にも外壁塗装をする意味があります。

それは「断熱性を向上させること」。

実は外壁塗装にの中には、断熱性を向上させるものがあります。断熱性能が高い塗料で外壁塗装をすることで、年間を通しての電気代削減効果が3~4万円になるケースも。気温が年々上昇傾向にあることから、近年では断熱性の高い塗料で外壁塗装をする家が増えています

外壁塗装の時期を意識し始めたら「色・防水性・耐久性・断熱性」などを総合的に考えて、住んでいる人全てが納得できる外壁リフォームを目指しましょう。

の記事一覧
水際作戦 生活保護
生活保護費 支給日
生活保護費 総額
生活保護費 計算